神話、聖書、歴史

マネは印象派?みんな大好き印象派は誰がいつ作ったの?

こんばんは、ナビゲーターのビー玉です。 本日は日本で展覧会を開けば満員御礼間違いなしという絶大な人気を誇る「印象派」について、どこよりも簡単に解説しちゃいます。 なぜ印象派は人気があるのか?どんな画家が印象派なの? 知って...
動物

猫でめぐる美術史!悪魔?神?いつの時代も美しい・・

こんばんは!ナビゲーターのビー玉です。 本日はみんな大好き猫!!絵画に描かれてきた猫を愛でつつ歴史を辿っていきたいと思います。 いや、みんな大好きってのは言い過ぎっていうのはわかってはいるんですけどね! 猫好きはみんな猫が...
20世紀美術

藤田嗣治の絵に影響を与えた5人のミューズ(女神)たち

こんばんは!ナビゲーターのビー玉です。 本日は日本人としてパリで大成功を果たした藤田嗣治とその妻たちにスポットを当てた回顧展です。 藤田嗣治はモデルに性的関係を強要するということはありませんでしたが、5度の結婚(事実婚含む)をし...
ルネサンス

フェルメール「天秤を持つ女」は何を天秤にかけているのか?1枚の絵をとことん楽しむ方法!

こんばんは!ナビゲーターのビー玉です。 本日は、日本で大人気の画家フェルメールの「天秤を持つ女」にスポットをあってて、じっくり鑑賞してみたいと思います。 読み終わるころには絵の印象が少し変わるかもしれません。 よろしければ...
美術雑記

「赤」にはこんな意味があったのか!色から紐解く西洋絵画。

大人の美術館へようこそ。ナビゲータのビー玉です。 本日のテーマは「色」です。 西洋絵画はいろんな約束ごとがあるんですが、色にもいろんな意味がるのです。 ちなみにその約束ごとはアトリビュート といいまして、描かれているものが...
20世紀美術

恋に生きる!乙女チックを貫いた画家『マリー・ローランサン』

こんばんは!ナビゲーターのビー玉です。 本日はマリー・ローランサンの回顧展です。 淡い色調のと単純化された線。なによりも憂いを帯びたやわらかな女性像が特徴。 ふんわりやわらかい画風ながら誰もが作品を観るとローランサンだと分...
美術展ガイド

国立国際美術館『ロンドン・ナショナル・ギャラリー』展の概要と作品紹介|ついに開催!

こんばんは!美術ナビゲーターのビー玉です。 コロナの影響でどうなるかと心配していた「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」が日程を変更して開催されます。 英国が世界に誇る『ロンドン・ナショナル・ギャラリー』その200年の歴史で初め...
印象派、象徴主義、アールヌーヴォー

綺麗なだけじゃない!ミュシャは美しい女性のポスターにどんな気持ちを込めたのか?

こんばんは!美術ナビゲーターのビー玉です。 本日のテーマは、取り上げているようで取り上げていなかったミュシャです。 いや、意識的に避けていたんですけどね(^▽^;) ミュシャの絵は大好きなんです。描かれる女性がキレイですし...
ギリシャ神話(神話画)

え?それもギリシア神話由来だったの?明日会社で使える話のネタ第三弾!

こんばんは!美術ナビゲーターのビー玉です。 すいません。いろいろとバタバタしておりまして、準備が間に合いませんでした(゚∇゚ ; ) 本日は美術談義はおやすみして、雑談コーナーです。 「じつはギリシャ神話由来」・・・の第三...
聖書(宗教画)

天使の変化を観ると美術史の流れがよくわかる

こんばんは!美術ナビゲーターのビー玉です。 本日のテーマは、天使です。 あたなは天使といえば、どんなイメージをお持ちでしょうか? 神様の御使いとして天国で働いていて、時々下界に降りてきては人間に悪戯を仕掛ける羽の生えた可愛...
タイトルとURLをコピーしました