美術スタイル

20世紀美術

エゴン・シーレの「死と乙女」

こんばんは!ビー玉です。 今宵は、【大人の美術館】へようこそ・・・ 本館、【大人の美術館】は、素人の素人による素人のための妄想美術館です。いわゆる “常識” とされている見解と違う箇所もあるかとは思いますが、ゆる~い気持ちでリラ...
象徴主義

見つめる愛・・オディロン・ルドン作 「キュクロプス」

こんばんは! ビー玉です。 2018年初の【大人の美術館】は、私の大好きな画家、オディロン・ルドンから始めたいと思います。 本日は趣向を変えて、お付き合いただける方は音楽と共に・・2曲用意しました。どちらもエリック・サティの名曲...
ラファエロ前派

ゲス野郎ロセッティーの描く女神「プロセルビナ」

こんばんは!ビー玉です。 土曜日は、【大人の美術館】の開館日です。 クリスマスだし、宗教画がくると思った? すいません。世間のクリスマスに関係なく営業しますっ! ゲスい画家3選 聖なる日(まだ2日前だけ...
ルネサンス・マニエリスム

ラファエロの聖母マリアが庶民的が可愛い理由は?

こんばんは!ビー玉です。 「大人の美術館」の時間です。 あなたは「宗教画」と言われて魅力を感じますか? 好きですか?現代の日本では、「好き」と即答する人は少ないと思います。が、ラファエロはお好きですか?と聞かれたら、好きだと答え...
神話、聖書、歴史

死者の望む死とは?ベックリン作「ヴァイオリンを弾く死神といる自画像」

こんばんは!ビー玉です。 今宵は、【大人の美術館】へようこそ・・・ 当館【大人の美術館】は、web上の仮想美術館です。 「知ると絵画は色っぽい」をコンセプトに、今宵も大人の美術館は開館します。 本日のテーマは、「性」では...
20世紀美術

絵画界のゲス野郎!パブロフ・ピカソ「ゲルニカ」

ピカソの女性遍歴はピカソの絵画スタイルをガラリと変えます。恋をするたびに目まぐるしく変わるピカソの画風とは?ピカソの愛した女性とともに紹介します
20世紀美術

恋愛と言う名の狂気!ココシュカ作「風の花嫁」

時に恋愛は人を狂わせる。ファムファタルにハマってしまった男の狂気とは?名画「風の花嫁」に込められたココシュカの狂気に迫ります!
アールヌーボー

クリムト「接吻」誰にも邪魔されない二人だけの空間。

クリムトの「接吻」、愛し合う二人はなぜ崖の上で愛し合うのか?恋愛の危うさを表現している?それとも?名画「接吻」の謎に迫ります!
ラファエロ前派

狂おしいほど愛おしい・・ミレイ作「オフィーリア」

ミレイのオフィーリアのモデルとなった耐える女リジー、悲劇的なリジーの人生と狂気のオフィーリアが交差した先のエンディングとは?
タイトルとURLをコピーしました