ポスターが芸術に!画家ロートレックが愛したムーランルージュ

画家

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
ランキングに参加しています

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

こんばんは!ナビゲーターのビー玉です。

今宵は、【大人の美術館】へようこそ・・・

本日は、彼が手がけたポスターを1枚部屋に貼るだけで、部屋がおしゃれになるというミラクル!

ポスターを芸術の域まで高め、人間のアンダーグラウンドを深く愛した画家トゥールーズ=ロートレックの世界にあなたをナビゲートします。

よろしければ、最後までお付き合いください!


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

本日のお題はリスエスト!

ビー玉
ビー玉

本日はNickNickさんにいただいたリクエストにお答えコーナーです

いつも遊びに来てくれているブログ仲間のNickさんからリクエストです。

Nickさんはネットで簡単にできるお小遣い稼ぎやお得な情報を発信する「私でもネットでお小遣い稼ぎできるかな?

ハンドメイドのノウハウをたっぷり織り込んだ
Non Billy Nick Ollie Hndmade

この2つのブログを運営するブロガーさんです。

私はいつも参考にさせてもらってます(*゚▽゚)興味のある方は是非お立ち寄りください♪

私もロートレックは大好きなので、リクエストいただいて嬉しいです。

トゥールーズ=ロートレックとは

超名門のおぼっちゃま

ポスターがまだ芸術とは思われていなかった19世紀のフランスで、斬新な構図と躍動感、そしてスターたちの表情をシュールに切り取ったロートレックは同年代に活躍したミュシャとともに、商業デザイン(ポスター)を芸術にまで昇華させた画家です。
分類としては後期印象派の画家と言われています。
実は裕福な家の出身者が多い印象派の画家の中でも群を抜いて名家出身だったのがロートレックです。
本名はアンリ・マリー・レイモン・ド・トゥールーズ=ロートレック=モンファ
館長
館長

長い・・・

ロートレックが生まれたのは9世紀から続く伯爵の称号を持つ名門貴族でした。
名門貴族の家柄では血を守るために近親婚もめずらしくなく、ロートレックの両親も従兄弟婚でありました。
おそらく繰り返された近親婚の弊害もあったのでしょう、生まれながらに体が弱く、14歳、15歳と立て続けに骨折したことで足の成長が完全に止まってしまいました。遺伝的に骨も弱かったんだと思います。
記録によると成人したローロレックの身長は153cm、私よりも身長は高いです。だけど背の高いフランス人の中では極端に低かったのかなぁ・・・
そのことが原因で伯爵家の跡取り失格として父親から見放され、貴族同士の付き合いから遠ざけられたロートレックは自分の居場所を探すように絵を描くことにのめり込んでいきました。
絵の勉強をするために故郷を離れ、パリに移り住んだロートレックの新たな居場所となったとは、上流社会ではなくパリの歓楽街モンマルトルです。
当時は印象派が注目され始めていた頃だったので、印象派の画法を学ぶものの、人物も風景の一部として描く印象派には馴染みまず・・酒場に入り浸る日々・・
ロートレックの興味は風景ではなく夜の世界に生きる人間の人生だったんです!!
ロートレック作 「二日酔い」
ちなみにロートレックの才能にいち早く気づいたのはゴッホの弟で画商のテオ。テオは全く売れない兄ゴッホの才能も信じていたので、先見の明のある優れた画商だったんなぁと関心したりして(((uдu*)ゥンゥン
1889年のエッフェル塔の完成と同じ年にモンマルトルに華々しくオープンしたのが「ムーラン・ルージュ(赤い風車)」という巨大なナイトクラブ。
ムーランルージュは踊り子がショーを見せるショーパブです。
ロートレックはすぐに常連となり、いつもスケッチブックを持ち歩き、踊り子や観客達をスケッチしていました。
ロートレック作 「ムーランルージュの踊り」
その絵を見た支配人が「ポスター」を描いてくれないかと打診します。
当時はポスターなどの大衆向けの商業デザインは画家として見下されていた仕事だったのだけど、ロートレックは喜んでポスターを描きました。
歌舞伎役者や花魁を描いた浮世絵に憧れていたからだと言われています。

ポスター画家としてのロートレック

このナイトクラブのポスターを手がけたことでロートレックは一躍有名人になるんです。
そのポスターがこちら
ロートレック作「ムーラン・ルージュのラ・グリュ」

これがロートレックが最初に描いたポスター第一号です。めちゃめちゃかっこいいですよ!!

中央でフレンチカンカンを踊るのは当時のダンサーの「ラ・グリュ(大食らいという意味)」、手前の黒いシルエットの男性は柔軟なダンスで観客を魅了した「骨なしヴァランタン」、奥にはダンスに湧く観客たち!

4色刷りのポスターだけど色が効果的に使われていて、ラ・グリュのスカートの中がまるで白いスポットライトのように目が惹きつけられます!

一瞬を切り取った踊り子の動きが見事で、動かないはずの絵に躍動感が宿ります。当時は都会的だった電気の光の描写もかっこいい!!

このポスターは3000部コピーされてパリ中に貼られ、その斬新な構図と色使いは瞬く間に話題になり、たくさんのポスターが盗まれました。

このポスターによって、ムーラン・ルージュも有名になり、ポスターに描かれたラ・グリュも一躍トップダンサーになっていきました。

 

ロートレック作「アンバサドールのアリスティード・ブリュアン」

これはロートレックの親友でもあるシャンソン歌手ブリュアンを描いたポスター。

これもかっこいいですね〜!赤いマフラーが目を引きますが、バックに照明スタッフが描かれることで、臨場感が増して、ブリュアンの迫力も演出されています。

このポスターは斬新すぎるとして劇場の支配人と使う使わないで揉めたんですが、ロートレックの親友であったブリュアンがロートレックのポスターを使わないなら歌わないとゴリ押し、しかもビュリュアンはこのポスターで劇場を覆うように支持し、パリ中にバラくことで話題になり、ローレックの人気も上がり舞台への動員数を増やすことにも成功したんです。

そんな風にロートレックはパリで人気になり、商業ポスターを芸術の域まで押し上げることに成功しました!

 

だけど・・・

女性スターたちには不人気?

ジェーン・アヴァリル

「ジェーン・アヴァリル」

イヴェット・ギルベール

「カーテンコールを受けるイヴェット・ギルベール」

マルセル・ランデ-ル

 

「シルぺリックのボレロを踊るマルセル・ランデ-ル」

うーん近からず遠からず・・・誰が誰だわかるギリギリ絶妙なデフォルメwww

女性としては、描いて欲しい画家では決してなかったようです(((uдu*)ゥンゥン

ビー玉
ビー玉

納得です

欲望を隠さない男女、傲慢なスターの素顔・・・酒場には酒に溺れ、内面がむき出しなった人たちの人生をシニカルに描写していたのです。

 

 

娼婦たち

ロートレックは話し上手で、もてなし上手。「独身M0M0氏の料理法」という本を出すほど料理上手で人気者だったんですが、父親との確執、世間からの差別、足の痛みを紛らわせるために若い頃からお酒に溺れていきました。

そんなロートレックがたどり着いたのは盛り場からさらに深い闇を抱える娼館。社会から差別を受かる娼婦たちに自分を重ね。共感を持って娼婦たちの日常を切り取っていきました。

「モデルは剥製みたいだけど、娼婦たちは生きている」

ロートレックの言葉です。

ドガも娼館を多く描いた画家ですが、あくまでも鑑賞者としての立場を崩しませんでした。

ロートレックは娼館にアトリエを構え、彼女たちと一緒に生活し、悩みを聞き、ラブレターの代筆をするなど、信頼関係を築いたからこそ描ける本当の “飾らない日常”だったんです。

ロートレックの描く娼婦たちは綺麗じゃないけど・・その視点には愛を感じますし、描かれた彼女たちも本当に多くの人生を語ってくれます。

人間のアンダーグラウンドを愛した画家はアルコール中毒と梅毒によって36歳の短い人生を閉じました。

自分の居場所を求め続けたロートレックは後世にもしっかり愛すべき画家として鎮座しておられます。

没後100年以上たった異国の地で「私の好きな画家はロートレック」とリクエストをくれるほどにです。

 

ル・シャ・ノワール(黒猫)のポスターの作者は?

 

ル・シャ・ノワールのポスター。このポスター大好きです♪

これはモンマルトルにあったキャバレーのポスターで・・

 

館長
館長

美しい黒猫さんですね♡

ビー玉
ビー玉

館長〜w

ロートレック展などで、よく一緒に展示されるため、ロートレックの作品だと思い込んでる人がとても多いのですが・・

そして、何故かロートレックの作品としてグッズもたくさん発売されていたりしますが・・

そして、そして、googleさんですら多々勘違いしてるますが・・

スタンランテオフィル・アレクサンドル・スタンラン)という名の画家さんの作品でから(๑•̀.•́ฅ✧

この機会に覚えてあげてくださ〜い(^▽^;)

 

本日は以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

来週は大阪でクリムトの大きな展覧会がありますので、週末を待たずに更新するかもしれません。

次の更新日にお会いいたしましょう(*ˊᵕˋ*)੭

コメント

  1. お(^^♪
    Nickさんからのリクエスト(^^♪

    外見で勘当同然にされるとは・・・(*´ω`*)
    精神が強靭だったから、大きな華が咲いたんだと思いますが、この時代はなまじ名門に生まれても大変だったんですな(*´ω`*)

    僕もやっぱシャノワールかな(^^♪

    • ビー玉 ビー玉 より:

      えたさん、コメントありがとうです♪
      今の時代は人権という面では恵まれてるよね(((uдu*)ゥンゥン
      私もコンプレックスを反動にしなければっ!!
      シャノワールのポスター貼ってます(ノ∀`)タハー

  2. 芸術って、少し、コンプレックスを持っている人の方が力強さがある気がするんだよな。
    (-ω-;)ウーン

    • ビー玉 ビー玉 より:

      ましゅーさん、コメントありがとうです♪
      コンプレックスで大きな原動力になるんだよねぇ(((uдu*)ゥンゥン 大切にしなかればっ!!

  3. ヨウコの川歩き より:

    ロートレック!あらためて観てもなんだか新鮮ですね。
     ロートレックを知ったのは高校時代だったけど、構図のかっこ良さ、形の捉え方のスピード感すらある巧みさにノックアウトされました。
     なんとなく彼の人生は調べて知っていたけれど、ビー玉さんのブログを読んでから作品を見直すと若い頃とは違う感慨がありました。サンキューです

    • ビー玉 ビー玉 より:

      ヨウコさん、コメントありがとうです♪
      私も昔大好きだったんですが、久しぶりにロートレックの本を開いたりして新鮮でした〜(≧∇≦)
      スピード感躍動感!どれをとってもかっこいい♪
      彼のコンプレックスに感してはちょっとぼかしたんですが、闇が深そうで、それがまたいい╭( ・ㅂ・)و グッ !

  4. marimo より:

    私も一時期ロートレックにはまって、ポスター集を買ったりしていました^^
    この夜な感じと飾らない場面が好きで☆
    そして、知り合いはロートレックの料理本(6000円くらいする!)を持っていて、見たことがります!お料理も飾らないけどシンプルで美味しそうなお料理が載っていた気がします、、、
    あの本、もう一度見たいなあ( ´艸`)

    • ビー玉 ビー玉 より:

      marimoちゃん、コメントありがとうです♪
      私も独身時代は部屋にポスター貼ってた(≧∇≦)
      なんか空間がおしゃれになるのよねぇ♡
      モモ氏の料理本!! うわ〜マニアックだぁ・・・私も一回だけ見たことあるけど、美食って感じだった・・・気がする(´-ω-`) ←ウン10年前の記憶w

  5. わー、ビー玉ちゃん、リクエストにこたえてくれてありがとう! そしてたくさん紹介してくれてありがとう!!

    ロートレックは体が悪かったからこそ、娼婦たちと一緒に暮らせたし、赤裸々な日常も見ることができたのかもしれないな。素のままの娼婦たちのけだるさが堪らん!

    デフォルメされたポスター作品、大好き。ちょっとシニカルな感じが好きなの。ちょっと酔っぱらったようなイヴェットの顔とかね。

    緻密で正確なデッサンもすごいんだよね、ロートレック。

    今回のビー玉ちゃんの記事のお陰で、久しぶりに画集を見返したくなりました! ありがとう♪

    • ビー玉 ビー玉 より:

      Nickちゃん、コメントありがとうです。
      書きましたよ〜♪私もロートレックは好きなのです。独身時代は部屋にポスターも貼ってた(ノ∀`)タハー
      ロートレックのコンプレックスについてはあまり詳しく書かなかったんだけど、貴族のぼっちゃまが最下層の娼家でしかリラックスできなかったというのは、闇が深いなぁって思うのです(;´д`)トホホ…
      素早いデッサンがあの躍動感を産むのよね(((uдu*)ゥンゥン 

タイトルとURLをコピーしました