え?それもギリシア神話由来だったの?明日会社で使える話のネタ第三弾!

ギリシャ神話(神話画)

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
ランキングに参加しています

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

こんばんは!美術ナビゲーターのビー玉です。

すいません。いろいろとバタバタしておりまして、準備が間に合いませんでした(゚∇゚ ; )

本日は美術談義はおやすみして、雑談コーナーです。

「じつはギリシャ神話由来」・・・の第三弾です。

過去のギリシャ神話由来はこちら↓

実は神話由来の企業タイトル&ロゴ

ギリシャ神話由来!意外に身近に存在した神話の世界

 

海に沈んだタイタニック号の由来は滅ぼされた巨人

コルネリス・ファン・ハールレム作 「ティタンの墜落」1588年

タイタニックの名前の由来になった『ティタン(Tītān)』は世界の始祖であるガイア(大地)とウラノス (天空)が生み出した巨人族の名称です。このティタン族の王クロノスはゼウスの父ですが、息子であるゼウスに滅ぼされました。

ティタンは巨人なので「大きい」という意味で使われいます。

ちなみに氷山に激突して沈んだタイタニック号の大きさは都庁を横にした大きさは同じくらいです。めちゃめちゃ大きかったんです!!

滅ぼされた神の名前ので不吉ではあるんですけどね(´-ω-`)

タイタニック号以外にも大きいものの名前によく使われます。恐竜の名前にも多いんですよ♪

ティタノサウルス、フクイティタン、パラリティタン、ティタニス(恐鳥類)などなど

雑誌アート

GB(ギガバイト)な巨人(ジャイアン)

フランシスコ・デ・ゴヤ もしくは アセンシオ・フリア「巨人」1808年-1812年頃

デジタル用語でデーターの容量を表すギガバイトのギガもギリシャ神話由来です。

こちらもティターンと同じく始祖の神ガイア(地球)が生み出した巨人でギガ(複数形はギガンテス)です。

ティターンは巨人族ですが、まぁちょっと背が高い人って感じで「大きめな神」だったのに対してギガースはガチな巨人で神ではなく “怪物” という扱い!!

ちなみにギガーズのつづりはGiants、英語読みではジャイアンツ。

野球のジャイアンツとデータ容量のギガバイトはもともとの語源は同じなのだ♪

 

仲良くしてくれてる風太郎さんからご指摘!!

雑誌アート

自分に恋するナルシストと叶わぬ恋に嘆き響くエコー

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス『エコーとナルキッソス』1903年

自分大好きナルシストはギリシャ神話に登場する美しい青年「ナルキッソス」が由来です。

ナルキッソスは男女とはわずモテモテだったんですけど、誰にもなびきませんでした。ナルキッソスにフラれた男性が腹いせにある呪いをかけるんです「絶対に手に入らない相手に恋する」という呪いです。

その呪いによってナルキッソスは水面にうつる自分自身に恋い焦がれ水面から一時も離れられなくなってしまい衰弱死しちゃうんですよね・・

その姿をずっと見守っていたのが、ナルキッソスに恋するニンフ(精霊)のエコーです。エコーは相手の言葉を反復することしかできなかったので、ナルキッソスに疎まれていたんですが、諦め切れずにずっとそばにいたんです。ナルキッソスの最後の言葉は「さよなら」

エコーはその「さよなら」を悲しく反復し続けるのでした。

死後ナルキッソス水仙に姿をかえて、永遠に水辺で自分を眺めることになります。

水仙の花言葉はまんま「ナルシスト」です。

なかなか叙情的なお話ですけどね、リアルでもこのような光景はけっこう目にします。

自分のことが大好きな男性は否定されるのが嫌いだったりするので、冷たく突き放してもついてきてくれるような女性を側に置いておきたい傾向にある気がします。

そして、相手に流されやすい「好きな相手に肯定女子」は自分の世界を持っているようなナルシスティックな人に憧れますから(((uдu*)ゥンゥン

個人的には利害が一致したカップルだと言えますね。

 

館長
館長

男女は関係ないですけどね。可愛い女性に言われるまま貢ぐ男性も多いですから

雑誌アート

クローゼットの中には運命の女神がいる

ジョン・メルフイシュ・ストラドウィック『運命の糸』1885年

クローズ(衣服)の語源になったのは「女神クロトー(Clotho)」です。

クロトーは人間の運命を担うモイラ3姉妹のうちの1柱。

3姉妹は人間の運命を象徴する羊毛を操ります。

クロトーが運命の糸を紡ぎ

ラケシスはその長さをはかり

アトロポスは運命の糸を切る

クロトーは糸巻きをもった姿で描かれ、彼女の紡ぐ糸の色や太さで人の運命が決まるらしい。

クロトーは服飾関係の用語によく使われてて、布地を意味する「クロス」などもそうです。

また人の老化に感する遺伝子の名前にもなってます。できればお近づきになりたいくない(^▽^;)

この3姉妹、神話では登場回数はものすごく少ないんですが、運命の女神としてアニメやゲームではやたら登場します。

【マンガ】

「ああっ女神さまっ」「ファイブスター物語」などなど

【ゲーム】

「女神転生シリーズ」「Sa・GaⅡ秘宝伝説 GODDESS OF DESTINY」「ヴァルキリープロファイル」などなど

美女3人が運命の糸を操る姿って絵になりますもんね!

誘惑するニンフォマニア

ウォーターハウス『ヒュラスとニンフたち』1896年

ニンフォマニア という言葉をご存知でしょうか?日本語にすると「色情狂」です。女性に使われる言葉なんですが、これもギリシャ神話由来です。元になっているのはニンフ(精霊)。

ギリシャ神話の英雄ヘラクレス(男)の恋人ヒュラス(男)が水を汲もうと水辺に近づいた途端!ヒュラスの美しさに欲情したニンフたちがヒュラスを水に引きずり込んで連れ去っちゃうんですよ・・・他にも蠱惑的な女性の姿をしたニンフが男性を見初めて誘惑するシーンがギリシャ神話にはたくさん登場します。

ウィリアム・ブグロー 『ニンファエイウム』1878年

彼女たちは積極的に男性を誘うだけではありません。その存在自体が誘惑者なのです。

ニンファエイウムとはニンフたちが集う場所なのですが、ここで描かれているのは裸体のポーズ集のようなニンフたちと、それを覗くサテュロスと人間の男性

そして、それと同じ目線で鑑賞する私たち。

サテュロスとは
古代の豊穣の神ファルス(男根神)がギリシャ神話になってサテュロスに変化し、性的衝動を具現化した存在男性の色情狂はサチリアージスといいますが、このサテュロスが語源です。

ニンファエイウムに集うニンフたちは積極的に誘ってはいませんが、ニンファエイウムは子宮の比喩だと言われているので、それを覗く行為はすでに性的行為ってことですわ(^▽^;)

ニンフは能動的に誘惑しなくても、存在自体が普遍的に「誘う」存在なんです。

ビー玉
ビー玉

何にも意識したことないのに誘惑したって言われれると腹立ちますけどね( ๑º言º)

睡蓮もそんなニンフの名を持つ花です。

睡蓮の学名はNymphaea(ニンファエア)

ヘラクレスにフラれたニンフが水に身を投げ花になったからだという説が有力ではありますが、個人的には水辺に咲く睡蓮を取ろうとすると水に引き込まれるという伝承からではないかと思ってます。

なぜって?そのほうが色っぽいから!

睡蓮(ニンファエア)に幻惑されて身を滅ぼす。

嫌いじゃない(((uдu*)ゥンゥン

 

\\ ✨ 動く大人の美術館です ✨ //


 

本日は以上です。グダグダですいません。

緊急事態宣言も解除されて、みなさん通常営業に戻っていかれるのかな?

私はもうしばらくテレワークの比重が高くなりそうです(゚∇゚ ; ) 腰痛やヤバイww

あと1週間ほど大人の美術館の更新が不定期になりあそう。更新が土日じゃないかもしれません。すいませんm(_ _)m

また来週元気でお会いいたしましょう!SeeYou(*ˊᵕˋ*)੭

 

 

 

コメント

  1. ねぇやん より:

    神話では、女の人は男を惑わす存在で描かれてることが多いですよね(・・?
    これもその方がつやっぽいお話しになるからでしょうか?

  2. aiai より:

    なるほど、おもしろかったーヾ(o´∀`o)ノ♪
    水仙の花ことば知らなかったけど、ストーリー知るとなんだか切ないな。。。
    しかし一番記憶に残ったのは、「都庁=タイタニック」!
    最近の豪華客船もデカすぎて、なんであれが海に浮くのか不思議でたまらない(鉄の塊の飛行機が飛ぶより不思議)んだけど、都庁が横になって浮いてたと思うと、それだけで怖くてたまらない((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

  3. いや、エコーが悲しすぎるやん。(ノД`)シクシク

  4. marimo より:

    この情報量!
    全然グダグダじゃないです~。
    ギガバイトのギガが巨人でジャイアンツ、に笑ってしまいました( ´艸`)
    じゃあ、メガは?キロは?きろって長さも重さも使うけどこれはギリシャ神話ではない!?なんて思いをはせたり^^

    いつの時代も色気のある女体には引き込まれるものですな(笑)(女子なのに他人事.w)

タイトルとURLをコピーしました