実は神話由来の企業タイトル&ロゴ

神話

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

こんばんは!ビー玉です。

今宵は、【大人の美術館】へようこそ・・・

当館は、素人の素人による素人のための美術館です。私は専門家ではないので、多少のフィクションを交えつつ、自由な発想で絵画を語ります。常識とされている見解とも少し違う箇所があると思いますが、ゆる~い気持ちでリラックスしながらご観覧ください。

本日は、大人っぽい内容は・・・\(・_\) (/_・)/おいといて ←大人の美術館なのにっw

少し豆知識的な話をしたいと思います。【大人の美術館別館】です。

誰でも知ってるような企業のロゴや名前のお話と、それにまつわる絵画を紹介します。

就活に役立つ・・・かもしれない(゚∇゚ ; )?

 

神話が由来となった企業名&ロゴ

以前にも少し、神話や聖書由来の企業ロゴを紹介したことがあります。

「GODIVA」の企業名と企業ロゴになったレディ・ゴダイヴァの話

 

高級チョコのロゴがエロく見えちゃう?「レディ・ゴダイヴァ」
こんばんは!ビー玉です。 今日は花冷えの夜で、凍える寒さでしたね・・・ こんな寒い日に、こんな寒そうな絵を・・・なぜに私は選んでしまったの?? 本日は、【大人の美術館】の開館日です。 当館は、素人の素人による素人のた...

 

人を魅了するセイレーンをロゴにした「スターバックス」

 

人を魅了する「セイレーン」の秘密
こんばんは!ビー玉です。 今宵は、【大人の美術館】へようこそ・・・ 当館は、素人の素人による素人のための美術館です。私は専門家ではないので、多少のフィクションを交えつつ、自由な発想で絵画を語ります。常識とされている見解とも少し違...

 

この他にも神話や聖書由来の企業名やロゴはたくさんあります。その一部を紹介しますね〜♪

 

スポンサーリンク

 

デジタルカメラなどで有名な「オリンパス」

 

オリンパスというのはギリシャ神話の神々が住むといわれている「オリンポス山」からきています。

ただ、直接ギリシャ神話の山が関係しているのではなくて、創業当初の社名「高千穂製作所」の高千穂が日本神話において神々の住む山(高天原)とされていたので、社名変更の際に世界に通用する企業になるようにと「オリンパス」となったみたいです。

ちなみに「オリンパス」は、「オリンポス」の英語読みです。

 

オリンパスには、「オリポス十二神」と呼ばれる12柱の神様が暮らしているんですが、この12柱は誰と決まっているわけではなく、地域によって「推し神様」が自由に配置されているようです。まさに神トゥエルブ(12)!ギリシャって自由だね(^▽^;)

ちなみに・・

ギリシャ語英語肩書き
ゼウスユピテル全知全能
雷神
ポセイドンネプチューン海洋神
ヘラジュノーゼウスの妻
女性の守護神
アテナミネルヴァ戦略・知恵の神
アポロンアポロ光明神
ヘファイストスヴァルカン鍛治の神
火山や炎の神
アレスマーズ戦争の神
ヘルメスマーキュリー伝信の神
旅人たちの守護神
デメテルセレス大地の神
アフロディテヴィーナス美と愛の神
アルテミスダイアナ狩の神
月の神
ヘスティアヴェスタかまどの神
家庭の守護神

主にはこの十二神、その他様々な神様が組んず解れつ愛憎劇を繰り広げます。

オリンパスの社内は大丈夫でしょうか? ← 大きなお世話w

 

怖いぞヴェルサーチ

 

 

ヴェルサーチはイタリアの高級ブランドですが、そのヴェルサーチのロゴに使われているのは・・・

この方、「メドゥーサ」・・・

ご存知、見たものすべてを石に変えてしまう恐ろしい怪物です。

英雄「ペルセウス」に首を切られて退治されちゃうんですけど、元々は超美少女だったんですよ!!恋人であるポセイドンと、よりによって堅物で有名なアテナの神殿で組んず解れつしちゃったために、アテナの怒りをかって怪物されちゃったんですねぇ・・・

※アテナより自分の方が綺麗だと言って怒りを買った・・・という伝承もあります。

ベルサーチ曰く、古典と伝統の雰囲気を大切にしつつ新しいスタイルを開拓し、顧客を満足させたいからブランドロゴにメドゥーサを選んだんだとか・・・

メドゥーサの髪は、すべて毒蛇になっているのですが、それを新しいと解釈したのかなぁ・・ちょっと私には斬新すぎて意味が分かんない(゚∇゚ ; ) アハッ

 

かっこいいなNIKE

世界的なスポーツメーカーの「NIKE(ナイキ)」は勝利の女神NIKE(ニケ)が名前の由来です。

NIKEの社員さんがNIKE(ニケ)の夢を見たからなんだとか・・夢オチかいwww 意外と単純に決まってるんだなぁ(゚∇゚ ; )

いや、これを運命と呼ぶのかっ!

このヒュンッ・・って感じのマークは、「サモトラケのニケ」の翼をイメージしてるんだそうです。

(出展:Wikipedia

こちらがその「サモトラケのニケ」♪

サモトラケはギリシャのエーゲ海に浮かぶ島で、このニケはサモトラケ島で発掘されました。

以前、何かの番組でニケの失われた部分を復元するっていう特集を観たことがあるんですが、このニケは不完全だからかっこいいんだなぁ
・・って思ったんですよね・・・どんなに美しい顔をくっつけようと、人々の頭の中にある理想の顔には及びませんからねぇ・・

人間も不完全なところがあったほうが・・いや、不完全なところほど愛おしいなぁ
って思います(ノω`*)ウフフ♡

 

スポンサーリンク

 

乗るのが怖くなるワーゲン

 

(出展:Wikipedia

こちらフォルクスワーゲンの最上位車種(現在は「アルテオン」が最上位車種)として制作され、作られる台数も少なかったため、日本で見ることはほとんどないというレアなお車・・その名も「フェートン(Phaeton)」

・・・フェートンΣ(`д´/;)/

フェートンの名前の由来はパエトーン(Phaëthōn)です。

パエトーンとは、太陽神アポロンの息子なんですが、そのことを友だちは誰も信じてくれません。そこでパエトーンはアポロンの息子であることを証明するために、父アポロンに懇願して太陽の戦車を貸してもらうんです。これが悲劇の始まりで・・

 

父アポロンしか上手く操れない戦車をパエトーンが操れる訳もなく・・・案の定、戦車は暴走します。

戦車の炎で地上は焼き払われ大混乱・・見兼ねたゼウスがパエトーンを天から雷で撃ち落としまし・・ジ・エンドです。

まぁ、分不相応な願いは不幸を招くって感じの逸話なんですが、よりによって暴走するパエトーンの名前を車につけつけちゃって大丈夫なのでしょうか・・・

どうもフェートンは、あまり売れ行きが芳しくなかったようで・・暴走というより失速・・・これならパエトーンも打ち落とされなくてよかったかも・・・・

 

では最後に

「エニックス」不死鳥よ・・永遠に!!

 

国民的ゲーム「ドラゴンクエスト」を生み出した会社、「エニックス」。今はスクエアと合併してスクエア・エニックスとなっています。

 

この「エニックス」という社名は世界初のスーパーコンピューター「ENIAC(エニアック)」と不死鳥「PHOENIX(フェニックス)」を掛け合わせた造語です。

なんかカッコいいですよね╭( ・ㅂ・)و グッ !

エニックスとは関係ないんですけど・・・

フィニックスをテーマにしたカッコいい絵はたくさんあるんですが・・Wikipedia(ウィキべディア)でフェニックスを検索でしてでてくる絵画が・・・・

(出展:Wikipedia

焼き鳥www

煮付け・・・

フェニックスは寿命がくると自ら火に飛び込んで再生するという伝承からなんですが・・

鳥と火って・・どうしても美味しそうになっちゃいますよね・・

エニックスはスクエアという炎に飛び込みましたが、今後の発展を祈ります。

 

本日は、以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

**ランキングに参加しています**

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ     

**ランキングに参加しています』』
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ     
神話
ビー玉をフォローする
大人の美術館

コメント