女性のお尻と胸を誰よりも愛した幸福の画家ルノワール

画家

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
ランキングに参加しています

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

こんばんは!ビー玉です。

大人の美術館へようこそ!

本日は「幸福の画家」と呼ばれたルノワールの特集です。

ルノワール自身が幸せに満ちた人生を送っていたわけではありません。

画家人生60年の中で、「暗い絵」をただの1枚も書かなかったから「幸福の画家」なのです。

絵の力で世界をバラ色にできると信じた画家ルノワールの世界にあなたをナビゲートします。

よろしければ、最後までお付き合いください


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

ピエール=オーギュスト・ルノワール

1841年、フランス中部のリモージュに生まれ、父は仕立て屋、母はお針子という職人階級出身。 五人兄弟の四男坊として生まれ、家は貧しく、ルノワールは13歳のころから陶磁器の寝付け職人として働く苦労人でした。

ルノワールは、のちに印象はの中心人物となるのですが、実は印象派として活躍した画家たちは経済的に恵まれた家庭のご子息、ご息女が多く、職人階級出身はルノワール1人だったんです。

同時期に活躍したドガやマネなど特権階級から見たシニカルな視点で絵を描いていきましたが、ルノワールは人生の暗い部分はあえて描かず、楽しく明るい絵だけを描き続きました。

ルノアール自身が「芸術が愛らしいものであってなぜいけないんだ?」「楽しい絵しか描きたくない」と語ったように、幼いころから世の中の「暗」の部分を見てきたルノアールはあえて暗い部分に目を背けていたのでしょう(((uдu*)ゥンゥン

そんなルノアールの名言集

 

ルノワール
ルノワール

女性のお尻と胸がなかったら、私は画家にはならなかっただろう

ルノワール
ルノワール

おっぱいやお尻に手をやりたくなるような絵か好き♡

ルノワール
ルノワール

絵を描くときはお尻を3時間ほど見てる

ルノワール
ルノワール

女性の尻を描くときは優しく愛撫するように描かないと

ビー玉
ビー玉

だたのエロじじぃかっ( •ὢ•)

 

館長
館長

女性が大好きだったんですねw

 

そりゃぁ・・・絵がピンク色にもなるわwww

そんなルノワールは玉ねぎを描かせても、どこかエロい(゚∇゚ ; )

 

エロおやじに間違いないですが、廃退的な時代に、明るい絵を描き続けるっているのは、並大抵の精神力じゃなかったと思います(((uдu*)ゥンゥン エロも極めれば歴史に残るんです!!

 

 

描きたいのは裸婦!!

ルノワールは、同時期に活躍した親友モネと共に印象派の代名詞でもある「筆触分割」を確立していきました。

筆触分割とは

パレットで絵の具を混ぜず、キャンパスの上に色を重ねることでさまさまな色彩を表現する技法です。

このように無造作に絵の具を置いただけに見えますが・・・

遠く離れると、ちゃんと水の波紋見えるんです!!人間の目って不思議ですよねぇ(((uдu*)ゥンゥン

この絵は筆触分割の第一人者でルノワールの親友クロード・モネの描いた「ラ・グルヌイエール」です。

モネがこの絵を描いていた隣で、ルノワールが描いたのがこちら・・

ルノワール作「ラ・グルヌイエール」

この2つの絵の違いってわかりますでしょうか?

風景を丁寧に描いたモネとは逆に、ルノワールは風景は雑だけど、人物を丁寧描いてます。

ルノワールは人間、特に女性を描くのが大好きだったんですね・・・

だけど印象派の筆触分割は風景を描くには長けていましたが、ルノワールの大好きな女性を柔らかく描くことには不向きでした。

画風に限界を感じていたルノワールは旅行先のイタリアで今までバカにしていた古典派の画家たちの女性像に感銘を受け、人物が浮かび上がるようにはっきり描く画風へと変化していったんです。

旅先のイタリアの地に、のちに結婚することになる恋人のアリーヌ・シャリゴを呼び寄せて描いたのがこちらの裸婦です。

【作品名】金髪の浴女(Blonde Bather)

【年 代】1881年

【種 類】カンヴァス・油彩

【寸 法】81.6×65.4cm

【所 蔵】クラーク美術館(アメリカ・ウィリムズタウン)

私、これほど柔らかそうなおっぱいを他に知りません。さすがエロ巨匠です(((uдu*)ゥンゥン

本当に触ったら柔らかいんじゃないかと思えるような・・少々太り過ぎでは?って思えるけど、ふんわりと包み込んでくれそうな女性らいしい美しい絵です。

まだ結婚前でしたが、アリーヌの左手薬指には結婚指輪が光ります。

この辺りからルノワールの描く人物像はフォルムが明確になっていくんですよね・・・

一眼レフで撮った写真みたいです!もちろんフォーカスは裸婦にしっかり合わせてます( ✧Д✧) カッ!!

印象派時代の絵

【作品名】ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会(Moulin de la galette)

【年 代】1876年

【種 類】カンヴァス・油彩

【寸 法】131×174cm
【所 蔵】オルセー美術館(パリ)印象派時代の代表作です。

モンマルトルの庶民的なダウンスホールでダンスに興じる人々。

当時のダンスホールは廃退的な雰囲気が漂う場所でしたが、ルノアールはあえて暗部は避けていたようで、全体にとても明るい雰囲気です。手前のテーブルで談笑するのは当時のルノアールの友人たち。

印象派以降

【作品名】舟遊びの人々の昼食(Le déjeuner des canotiers)

【年 代】1880-1881年

【種 類】カンヴァス・油彩

【寸 法】130.2×175.6cm

【所 蔵】フィリップス・コレクション(ワシントン)

印象派から離れて、人物を好んで描くようになった頃に描かれた代表作です。

人物の姿が以前よりも明確に描かれるようになりました。

ちなみに!

手間で犬と戯れているのはアリーヌです。

あくまでも描きたいのは女性

ただ・・・ルノワールが本当に描きたかったのは人物というよりは “女性” で、男性は女性の脇役にしかすぎなかったんでしょねぇ・・・

ルノワールは尊敬するワーグナー(音楽家)に出会った時に、即興で肖像画を描きプレゼントしました。

その絵がこちら!

素人目にみてもテキトー∑( ̄□ ̄;)

尊敬する人物を描いてもこの程度ww

もらったワーグナーも「私は牧師か?」と呟いたほど簡素。

きっとワグナーは魅力的な胸とお尻を持ち合わせていなかったからなんでしょう(((uдu*)ゥンゥン

 

 

ダンス三部作

ブージヴァルでのダンス

【作品名】ブージヴァルでのダンス(Bal à Bougival)

【年 代】1883年

【種 類】カンヴァス・油彩

【寸 法】181.9×98.1cm

【所 蔵】ボストン美術館(ボストン)

観光地ブージヴァルでダンスを楽しむ人たち。軽快にステップを踏む女性のモデルはマリー=クレマンティーヌ=ヴァラドン。当時の芸術家たちを魅了した美貌のモデルです。シュザンヌ・ヴァラドンと言ったほうが分かりやすいかもしれません。自身も画家であり「ユトリロ」の母となる女性です。(後日特集予定です)

芸術家たちのミューズとして、 自由奔放に生きた都会的な女性。

 

都会のダンス

【作品名】都会のダンス(La dance à la ville)

【年 代】1883年

【種 類】カンヴァス・油彩

【寸 法】180×90cm

【所 蔵】オルセー美術館(パリ)

背中の空いたタフタのドレス。都会のダンスホールで優雅に踊る女性のモデルもヴァラドン。

田舎のダンス

 

【作品名】田舎のダンス(Danse à la campagne )

【年 代】1883年

【種 類】カンヴァス・油彩

【寸 法】180×90cm

【所 蔵】オルセー美術館(パリ)

急に庶民的(゚∇゚ ; )

ダンス三部作と言われるこれらの絵ですが「田舎のダンス」だけモデルが違います。

のちに奥さんとなる恋人のアリーヌです。

最初はこの作品のモデルもヴァラドンが務める予定でしたが、アリーヌがヴァラドンに嫉妬して顔部分の絵の具を布でこすり取ってしまったんです。

画家なら丹精込めて描かれたを傷つけられたら、烈火のごとく怒っても不思議ではないんですが、ルノワールはモデルをアリーヌに描き変えました!!

アリーヌのことをとても大切してたんだろうなと思うと同時に男性としての器の大きさを感じます。

ルノワールは自身が描く絵のように明るく陽気な性格だったようで、友人も多く人気者でした。

そんなルノワールが都会的な美貌の女性ではなく自分を選んでくれた・・アリーヌとしたら嬉しかったと思いますよ(((uдu*)ゥンゥ

アリーヌはその後、死ぬまでルノワールを支え続けます。

女性関係は派手

と!ルノワール夫婦の美談で終わりたけど、実はルノワールはシュザンヌとも関係を持ち、都会のダンスが描かれた時シュザンヌは妊娠しておりました(; ̄Д ̄)ハァァ

 

館長
館長

アリーヌさんの嫉妬は正当だったわけですな

シュザンヌはシュザンヌで同時期にロートレックや他の芸術家とも懇意にしていて、シュザンヌの産んだ息子(ユトリロ)の父親は今も分かってはいません(シュザンヌは分かっていたと思うけど言わなかったようです)。

ちなみに、ルノワールが父親最有力候補です(;´д`)トホホ…

アリーヌのことは大好きだったと思いますが、 “女性” がそれ以上に大好きだったでしょう・・・アリーヌの献身とは裏腹に女性関係は派手だったようです(;´д`)トホホ…

 

晩年のルノワール

ルノワールは50歳をすぎた頃から持病のリュウマチに悩まされました、それでも手に絵筆を紐でくくりつけながら絵を描き続けました。

毎日ルノワールの手に筆をくくりつけるのはアリーヌの勤め、画材を整え、アトリエを花で飾り、夫の近くで静かに編み物をしているような女性だったそうです。

ルノワールに尽くしながら、アリーヌは夫に心配かけましと隠していた糖尿病が悪化してルノワールよりも先に亡くなります(18歳も年下だったのに)。

ルノワールが生前片時も離さなかったアリーヌの肖像です。

ぼっちゃりして素朴で・・・洗練された女性とは程遠いけど、美しい絵だなと思います。

きっと、女優やモデルの誰よりもルノワールが愛した女性だったのでしょう。

ルノワールは自分が愛した女性を本当に可愛く描きますから・・

病気と戦いながらも「幸福」を描き続けられたのは。愛するアリーヌあってのことだと思います。

この肖像を見ると、なぜか自分の母親とダブって少々泣けます。(母は元気ですがw)

だけど、そんな人は多いんじゃないかな・・アリーヌは女性というよりも、よき母のイメージです。

恋多き男性は理想母親像を女性に求めたりしますから、ルノワールよりも18歳も年下でしたが、アリーヌはルノワールの母のような存在でもあったのかもしれませんね(´-ω-`)

 

本日は以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

大人の美術館は毎週土曜か日曜の深夜に開館予定です。

また来週お会いいたしましょう。

 

 

 

コメント

  1. miyukitty より:

    人物がふんわりと優しい感じで好きです。
    確かにワーグナーはいい加減ぽい( ´艸`)

  2. 芸術面でそうなのかなと思ったんやけど、
    やっぱ性格も絶賛オープン変態だったようですな(≧▽≦)

    真面目そうな肖像で話してるコンテンツにギャップがあり過ぎて(≧▽≦)

  3. aiai より:

    好き←って大事ですよねー(●´ー`●)
    好きだから描きたい。
    好きなものだけ描きたい。
    そういうの、いいなぁ。
    ワーグナー…かわいそうwww

  4. Nick Ollie より:

    お尻を撫でるように描く、、、わー、エッチ~! 玉ねぎすら、ちょっとピンクがかっていてエッチに見えてきた。でも好きって重要だ。好きだからこそこんなに可愛くアリーヌを描けたんだろうし。

  5. ヨウコの川歩き より:

     若い頃はルノワールは好きじゃなかったな。良いなぁ…と思ったのは大人を2周したあたりに、何かの美術展で裸婦像の本物をまじまじと観たときでした。
    「とろけそう(´¬`)」って思ったんですよね(笑)
     ビー玉さんのレビューを読んでいろいろと合点がいきました。アリーヌの絵は描くルノワールの目線の温もりが伝わってきますね。
     しかし、ルノワールがユトリロの父親だったら…ひゃあ~~~(^0^;)可能性は何パーセント?(笑)

  6. 芸術に男のエロは必須。(`・ω・´)シャキーン     としなくては。

  7. marimo より:

    あっ、私もお尻フェチなので、この絵たちたまりませんっ。
    そうそう、引き締まっているより、ちょっとふくよかなお肉がついているのがたまらないんです(女性限定!)

    モデルの美女たちとは一線を画す女性だったんでしょうね~。
    そして決して美人でない自分と重ね合わせて、女性関係は派手だったといえ、こんな風に愛されて幸せだなと思いました☆

タイトルとURLをコピーしました