アダムとイブ、「楽園追放」に隠された真実!!

聖書

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
ランキングに参加しています

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

こんばんは!ビー玉です。

今宵は、【大人の美術館】へようこそ・・・

本館、【大人の美術館】は、素人の素人による素人のための妄想美術館です。いわゆる “常識” とされている見解と違う箇所もあるかとは思いますが、ゆる~い気持ちでリラックスしながらご観覧ください。「知ると絵画は色っぽい」をコンセプトに、今宵も大人の美術館は開館します・・・

本日は人類誕生秘話です。

お時間よろしければ、最後までお付き合いください!!

 


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

アダムは実は再婚だった!!

旧約聖書の天地創造によると神は6日で世界を作ったそうです。

 

1日目:天と地、闇と光、夜と昼
2日目:空(天)
3日目:海、大地、植物
4日目:太陽と月と星
5日目:魚と鳥
6日目:動物、人

7日目にやっと疲れてお休み・・・安息日、日曜日です。

できれば3日くらいで休んでほしかった(^▽^;)

ミケランジェロ作 「天地創造」
この時に作られたアダムが一人だと寂しいってことで、アダムの肋骨からイブを創ったと言われているんですが・・・実はアダムにはイブの前に奥さんがいたんです・・・

アダムの最初の妻は「リリス」

ジョン・コリア作 「リリス」
その人の名前は「リリス
なかなか色っぽい佇まいです・・・
イブはアダムの肋骨から創られましたが、リリスはアダムと同じく土から創られました。アダムとは対等な関係です。
だけど、アダムとリリスはすぐに離別しちゃうんですよねぇ・・・
理由は性的嗜好の不一致(^▽^;)
リリスは上になるのが好きな女性でしたが、アダムがそれを拒否したんです。
えっと、いまサラッと書きましたが、子作り時の体位のことです(*/∇\*))))))キャーーーー!!
そんなこんなで、すでに妊娠していたにもかかわらず、リリスは性に保守的なアダムに愛想を尽かし、魔王ルシファを選びます。
この時、リリスのお腹に宿っていたアダムとリリスの子どもは、後に修道士たちを惑わすリリムとなります。夜な夜な男性の夢に現れてイタズラするサキュパスと同一視されることの多い淫魔です。世の男性たちは思春期にリリム(サキュパス)に苦しめられた方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?(*´罒`*)ニヒヒ
館長
館長

ちょっとセーブしてくださいよ!

・・・・失礼しました(゚∇゚ ; )w

秘密のリリス

そんなこんなでリリスとアダムがお別れした後、次はアダムに従順なパートナーを・・ってことで、神がアダムの肋骨からイブを作ったんです。
実は、リリスのことを知ってる人はそれほど多くはないと思います。キリスト教にもユダヤ教にもあまり好ましくはないキャラクターですし、イザヤ書という旧約聖書にちょこっと登場するだけです・・・
だけど、日本では例外的にリリスの知名度はとても高いです(((uдu*)ゥンゥン
なぜなら1995年に放送が開始され、社会現象にもなった「新世紀エヴァンゲリオン」というアニメでリリスは重要なキーワードとして登場したからです。
「エヴァンゲリオン」の物語を簡単に説明すると、リリスの子孫(人間)とアダムの子孫(使徒)との生存競争の物語です。
旧約聖書を知っていると、より楽しめるアニメです。

その後のアダムとイブ

ここからの物語は知ってる人も多いでしょう・・
しばらくの間、アダムとイブはエデンという楽園で幸せに暮らしていましたが・・・
そんな幸せな日々は突然終焉を迎えます。

ラファエロ・サンチェ作 「アダムとイブ」
イブは蛇にそそのかされ、神から食べるなと釘を刺されていた「禁断の果実」を食べてしまいます。
そして、アダムにもその実を食べさせるのです。共犯意識の強要でしょうか(; ・`д・´)?
その禁断の実とは、有名な「知恵の実」です・・・
具体的にはリンゴという解釈をされることが多いですが、聖書に特定できる記載はありません。
※PCメーカーで有名なリンゴ社のロゴは「ニュートンのリンゴ」ですよ!原罪を表す「知恵の実」ではありません。ということになってます(*´罒`*)ニヒヒ

「知恵の実」を食べたらどうなった?

「知恵の実」を食べた途端に押し寄せる羞恥心・・
アダムとイブは裸でいることが猛烈に恥ずかしくなり、葉っぱで局部を隠したりし始めます。
その姿を見た神は、「あ、こいつら食べよったな」と気づくわけです(((uдu*)ソリャァネ・・
神を裏切ったアダムとイブは、何不自由なく暮らしていた楽園エデンから追放されていまうのです。

本当に神を怒らせたのは・・・

「知恵の実」を食べただけだったら、もしかしたら怒られるだけで追放まではされなかったかもしれません。

しかし、神が本当に怒ったのは二人の態度でした。

ドメニコ・ザンピエーリ作「アダムとイブ」

「なぜ禁忌を犯した?」という神の疑問に対して・・・・

アダムはイブにそそのかされたと言い・・・イブは蛇にそそのかされたと言います。

人類初の「責任転嫁」です(゚∇゚ ; )

責任を人になすりつけることしか考えていない二人に神の怒りは頂点に達し、楽園を追われるだけでなく永遠の命を取り上げ、イブには生みの苦しみを、アダムにはツラい労働を課しました。

 

アダムとイブは天使たちによって楽園を追われます。

 

ちなみに、楽園追放というテーマで描かれる絵画では、必ずイブが先に歩いています。女性のほうが諦めはいいのかもしれませんね(^▽^;)

 

イブをそそのかした蛇の正体

さて・・・なぜ蛇はイブに神を裏切らせたんでしょうか?
この蛇、よく見ると普通の蛇ではありません・・・
下半身は蛇、上半身は女性という異形の姿をしています。
実はこの蛇、アダムの前妻である「リリス」なのです。

リリスの復讐

自らアダムの元を去ったのに、なぜアダムとイブを陥れるようなことをしたのか・・
リリスが復讐したかったのは、アダムとイブではありません。
」です。
アダムの元を去ったリリスは悪魔サタンと関係を結び、それはもうたくさんの子を生み出しました。
だけど、リリスの裏切りに激怒した神はリリスの下半身を蛇に変え、リリスの子どもたちには次々に死の呪いをかけたんです!!
自分の変わり果てた姿と子どもたちの死を悲しんだリリスは自殺してしまうのですが、そのことに同情した天使がリリスをこっそり蘇らせたんです!!
そして、リリスは「神」の大切な子どもであるアダムとイブに「神」を裏切らせるという復讐を果たしたのです。

子どもを守るおまじない・・・

リリスは蘇ると同時に、とある力を得ました。
その力とは、アダムとイブの子孫である人間の子供の運命を左右できるというものです。
そんなリリスを恐れて人々が口にするのが、ヘブライ語で「リリスよ去れ」という言葉です。
ララバイ(子守唄)の語源です・・・・
この話で最も罪深いのは誰だ???
やめておきましょう・・私にも少々怖いものはあります・・「信仰」です。
本日は、以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当美術館の開館日は土曜日の深夜です。また来週(たぶん)(*ˊᵕˋ*)੭ ੈ

コメント

  1. pope より:

    今回は最高におもしろかった!断片的にアダムとイブの話は知ってましたが、さすがおっちょこ姉さん
    うまいわ!わかりやすく、おもしろく最高やった!この手の信仰がらみの話は、タブーとの背中合わせのギリギリで見たり聞いたりがいいんですよね。やあ、楽しませて頂きました!ありがとう!

    • ビー玉 ビー玉 より:

      ポペさん、コメントありがとうです。マジで?やったー(≧∇≦) いや〜楽しんでいただけてよかったなぁ♪
      なんかこんなの読みたいなんてのがあったら気軽にリクエストしてくださいね〜╭( ・ㅂ・)و グッ !
      タブーと隣り合わせなネタは私も大好きなのですよ・・ちょっと怖かったりもするんですが・・・書きますよ(๑•̀.•́ฅ✧