天使や堕天使って人間にとってどんな存在?神の怒りはとは何か絵画を通して紐解きます

聖書(宗教画)

こんばんは!ナビゲーターのビー玉です。

本日のテーマは、天使。

神の美しき御使い、人間を優しく見守ってくれる守護天使、ときには小さな悪戯を仕掛ける、そんなイメージが強い天使。

だけど天使は美しいだけでなく正義のために戦います。

だた、この『正義』というのが曲者で、正義は普遍的なものではく立場によって大きく変わります。

立場が変われば、天使ほど恐ろしいものはありません。

綺麗な天使を見たい人はごめんなさい。本日は、そんな恐ろしい天使にスポットをあてます。

よろしければ最後までお付き合いください。

天使の特徴と役割

・いつも優しく、励まし、欲しい言葉をくれる

・優しいときもあるけど、必要とあらばバッサリと切り捨てる。

これ、どちらが天使でどちらが悪魔がわかりますか?

実は後者が天使。

私たちがイメージする優しく美しい天使からはほど遠いですよね。

天使の実像は文字通り「天の使い」

神の意思によって人間を救うだけでなく罰したりもします。

ウィリアム=アドルフ・ブグロー『歌を歌う天使たち』1881年

天使が人間に優しくなるのは18世紀以降で、聖書に書かれている天使はどちらかといえば人間にとっては畏怖の対象。

▼▼天使の遍歴についてはこちらの記事を参照ください▼▼

優しいだけじゃない!天使の変化を観ると美術史の流れがよくわかる

天使はかつて神の代わりに悪魔と戦う軍隊だったり、人間を監視する役割がありました。

怒らせると怖い神様

悪魔が殺害した人間の数 約10名に対して

神が殺害した人間の数200万人以上。

【神の怒りをかった主な事例】
●イスラエル王ダビデの失策の代償に国民7万人を殺害
●神の教えを破り偶像(金の像)作った者を3,000人殺害
異教の聖職者450人を集めて殺害
●イスラエルの民族指導者モーゼに反旗を翻した250人を殺害
●町を救った預言者を「はげ頭」とバカにした子供42人を殺害

ノアの大洪水ソドムとゴモラの街の殲滅など、数が定かでないものを加えると3000千万人以上だとも言われています。

「最後の審判」が始まれば、プラス80億人近くが亡くなることになります。

そんな恐ろしい神に従っているのが天使

初期の聖書では人間への罰は神が直接手を下していたようですが、時代が進むにつれて天使が代行するようになっていきました。

天使たちの役割を見てみるとほぼほぼ軍隊です

 

【上級天使】 神の近くで働く親衛隊とか秘書のような役割

熾天使
セラフィム
セラフィムは圧倒的な力でもって戦う天使。
天使の最高位で、神への愛から全身が熱い炎に包まれている。
智天使
ケルビム
ケルビムは知将。アダムとイブが去った後のエデンの管理もしている。
座天使
スローンズ
神の台座を運ぶ役割で、炎に包まれた車輪の姿をしている。神の戦車としての役割を担います。

 

【中級天使】 天使を管理し統率する役目。悪魔との戦いでは実行部隊になる

主天使
ドミニオンズ
下位に属する天使の見張り役。絵画では手に笏(しゃく)をもって現れることが多い。
力天使
ヴァーチュズ
キリストが天国に行く時に同行した天使。奇跡を起こすのが役割。
能天使
パワーズ
悪魔と戦う実行部隊。悪魔と接することが多いので、堕天する天使も多いのが特徴。

 

【下級天使】人間を悪魔から守ったり、監視する役目

権天使
プリンシパリティーズ
人間の権力者を悪魔の誘惑から守る天使。
大天使
アークエンジェルズ
人間へ神の意思を伝える役目。能天使に従い悪魔と戦うこともある。
天使
エンジェルズ
人間に最も近い天使。人間を見守るとともに罰することもある。

天使の階級についてはこちらの記事を参照ください

▶︎▶︎天使の階級や仕事とはどんなもの?綺麗なだけじゃない天使の本当の姿!

 

神にとって善良ではない人間だとみなされたら最後、あんなに美しく優しかった天使は大量殺戮も厭わない恐ろしい存在となります。

私は善良だと思っている人も安心するのは早いですよ!キリスト教徒以外は全員アウトなので、異教徒が多い日本の場合は99%は滅ぼされます。

美しくて怖い天使たち

個人的にこれは怖いなって思う天使を絵をいくつか紹介します。

救世主が誰から人間を救うのかがわかると怖い

ジュール・バスティアン・ルパージュ 『羊飼いへの告知』1875年

これは人間にとっての救世主となるイエスの誕生を羊飼いに知らせる天使の絵です。

ジュール・バスティアン・ルパージュはフランスの画家です。写実を得意とした画家ですが天使に厚みはなく人ならざる感じが恐ろしい。

「羊飼いへの告知」というテーマの絵は、大量の天使たちの大合唱とともに派手に描かれることが多いんです。

だけどルパージュの天使は静かでどこか不服そう。

ところで、救世主って何から人間を守るかわかりまりますか?

もちろん恐るるにたりない悪魔なんかじゃないんですよ。

救世主は神の怒りから人間を救うために現れるんです。

この天使のどこか不服そうで興味のなさそうな無表情が怖くないですか(((;꒪ꈊ꒪;))):

 

館長
館長

この天使は人間を救うことになんの興味ないんでしょうね

人間を地獄へ誘う天使

 

作者不明 「地獄に鍵をかける天使」

天使〜なにやってんの〜〜って感じでしょ(゚∇゚ ; )

海にはレヴィアタン(リヴァイアサン)という巨大な海獣がいて、そのレヴァアタンの口が地獄への入り口だと思われていたんです。

その口に罪人たちを押し込めて鍵をかけようとする天使の顔がどこか楽しそうで怖いというか憎たらしい

ルカ・シニョレッリ『地獄(罪人を地獄へ追いやる天使)』16世紀

こちらの天使もわかりやすく怖いですよね。

そう、人間を地獄へ連れていくのは悪魔ではなく天使の仕事なのです。

正義ほど危うく怖いものはない

ギュスターヴ・モロー『ソドムの天使』1885年

ソドムの街の上に佇む巨大な天使。静かな絵なんですが私はこの絵が何よりも怖い(((;꒪ꈊ꒪;))):

ソドムとゴモラは性の乱れによって神の怒りをかって滅ぼされた街です。

人間だけでなくそこに住む動物も植物も、すべてのものが「正義」の名のもとも焼き払われました。

この絵が静かであればあるほど天使冷酷さが恐ろしい。

天使が手にしているのは「正義の剣」

個人的にはいつの時代も「正義」ほど大量の死を欲する恐ろしいものはいないと思っています。

しかも「正義」は普遍的なものではなく状況や立場によって変化するものです。

自分が正しいと思っていても状況が変われば、明日にでも天使の剣が振り下ろされるかもしれません。

堕天使の特徴を知ると本当の恐怖を覚えました

ベリー公のいとも豪華なる時祷書『叛逆天使の墜落』15世紀

神に命じられれば人間に危害を加えることも厭わない天使ですが、天使は神に従うだけの存在ではありません。

時には神の意思に叛いて堕天する天使も現れます。

アレクサンドル・カバネル「The Fallen Angel(堕天使)」

かつて暁の天使とまで呼ばれた上級天使ルシファーもそんな1人

ピーテル・ブリューゲル『叛逆天使の墜落』1562年

神とルシファーの戦いでは天使の1/3が神がルシファー側について反乱を起こし天使と戦い地獄に落とされます。

その数は3万とも700万以上とも言われています。

館長
館長

幅がありすぎですけど

名前がわかっている堕天使の数は110体。

それぞれの特徴をみてみると驚くべきことがわかりました。

すいません。110体もあるのでスマホでみてる方はめっちゃスクロールしなくちゃですよね(ノД`)シクシク

全部読む必要はありません。高速スクロールで赤マーカーの数だだけご注目くだされば十分です!

1. アバドン(Abaddon)は「破壊する」という意味で、悪魔たちの王。
2. アビージティブ(Abezethibou)偽典『ソロモン書』に記された、片翼の堕天使
3. アロッケン(Allocen) 36の悪魔軍団を指揮する地獄の公爵。ソロモン王に封印された72柱の魔神の一人で火を吐くことができる。
4. アムドゥシアス(Amducias) ユニコーンのような姿をした堕天使。あらゆる楽器の音を伴って現れる音楽的な才能を与える悪魔
5. アモン(Amon)40の地獄の軍団を指揮する悪魔。ルシファーやベルゼブフと並ぶ地獄の実力者。時には人間同士の仲を取り持つ
6. アミー(Amy) 地獄の最高総裁で、人間の魂と引き換えに知識を与えると言われている。
7. アンドラス (Andras)カラスの頭を持つ堕天使で、30の悪魔の軍団を指揮する地獄の大侯爵である。
8. アンドレアルフス(Andrealphus)は、孔雀や人間の姿で現れる。幾何学や天文学を人間に教える
9. アンドロマレウス(Andromaleus)はソロモン72霊の一人で、盗まれたものを取り返したり泥棒を罰することで知られる。
10. アポリオン( Apollyon)、破壊天使アバドンのギリシャ語名。
11. アルマロス(Armaros)、魔法を解く方法を人間に教える
12. アスモデイ( Asmoday) 人、雄羊、雄牛の頭を持って現れ、堕天使の王とされる
13. アスモデウス( Asmodeus)牛・人・羊の頭とガチョウの足、毒蛇の尻尾を持ち口からは火を吹く。そんな姿を見ても恐れずに敬意を払って丁寧に応対すれば非常に喜び褒美をくれる。
14. アスタロト(Astaroth)は、魔術や悪魔学の文献において高位の悪魔。
15.アザエル (Azael) 邪悪な悪魔。
16. アザゼル ( Azazel)「神により強くされた者」を意味。人間アダムに仕えるように言われ拒否して反乱を起こした
17. アッザ(Azza)、強いという名の堕天使
18. バアル(Baal)はカナン人の神で、地獄の7人の王子の一人。その名前は「主」を意味する。
19. バラム(Balam)は堕天使で、アスモデイとよく似た姿をしているが、唯一の例外は蛇の尾を持つことである。
20. バルベリス(Balberith)、地獄の異教徒の大祭司。
21. バラキエル(Baraqijal)、人間に占星術を教えることで知られる堕天使。
22. バルバトス(Baraqijal) 、動物と話したり、未来を教えたり、魔法使いの魔法で隠された財宝に人々を導くなどの能力を持っている。
23. バスティン(Bathin) 宝石や薬草に詳しく、30の悪魔の軍団を率いる悪魔。蛇の尻尾を持っている。
24.ベルゼブブ(Beelzebub)、元ペリシテの神で、後にいくつかのアブラハム宗教に悪魔として採用された。俗に「蝿の王」と呼ばれる。
25. ベヘモス(Behemoth)はヨブ記に登場する神話の獣で、神が創造の初めに倒した原初の怪物。
26. ベレト (Beleth)礼儀にはとても厳しい。男女問わず愛情関係を取り持ち、召喚者の要求を満たす。
27. ベリアル(Belial)、「価値のない」という意味。絶望、暗闇、無用の長物などの悪霊とされる。
28. ベルフェゴール(Belphegor) 悪魔で、地獄の7人の王子。名前の意味は「開放の主」。独創的な発明を勧め、金持ちになるよう誘惑する。
29. ベリス(Berith、別名バール・ベリス) 嘘の堕天使とされる。聖書によると、古代カナンでは神として崇拝されていた。
30. ベルナエル(Bernael)、悪と闇の天使。悪の堕天使ベリアルと善の天使ハジエルと同一視されることが多い。
31. ビフロンス(Bifrons,)、人間に数学的な技を教え、怪物のような姿で現れる。
32. ボティス(Botis) 60の悪魔の軍団を支配する悪魔で、角と牙を持つ人間のような姿をしている。
33. ブエル(Buer)人間に倫理、論理、哲学を教える冥界の議長病の治療、とりわけ病気の人間を健康体に戻す知識に通じている
34. カイム(Caim)、堕天使で、剣を持った人間のような姿をしている。
35. ダンタニアン(Dantanian)、あらゆる学術に関する知識を教えてくれる。人間の心を読み取り意のままに心を操る力を持つ。
36. デカラビア(Decarabia) 五芒星の姿で現れる。すべての鳥を指揮する。
37. エリゴール(Eligor) 武装した騎士のような姿。戦争に関する知識が深い
38. エネプシゴス(Enepsigos)、2つの頭を持つ女性のように見える。
39. フラウロス(Flauros)、 豹のような姿の堕天使。
40. フォカロル (Focalor)、海と風を支配する堕天使。船を溺れさせたり沈めたりする能力を持っている。
41. フォルカス(Forcas)、 倫理と論理を教える堕天使。
42. フォルネウス(Forneus)、 海の怪物のような外見を持つ堕天使。言論や言語の知識を授ける力を持つ
43. ファルカス (Forcas)、長い髭を生やし、残酷な男のような姿をしている。
44. ガープ(Gaap)、 人を無知な状態に陥らせる一方、逆に哲学や教養学の知識を与えることもできる。
45. ガドリエル(Gadreel)、「神の壁」という意味。イブが知識の実を食べた責任をとって堕天
46. ガミギン(Gamygyn) 小さな馬やロバの外見。人間に知識を与えたり、罪を犯して死んだ者の魂を呼び寄せる力を持つ
47.グラシャラボラス(Glasyalabolas) 翼のある犬のように見える堕天使。人間に知識を与えるが虐殺もする。
48. ゴモリー(Gomory)美しい女性の姿で、ラクダに乗っている。過去・現在・未来、そして隠された財宝について知りつくしている。
49. グシオン(Gusion)、現在・過去・未来を語る能力を持つ堕天使。召喚者のあらゆる質問に答える
50. ハーゲンティ(Hagenti)グリフィンの翼を持つ牛のような姿。人に知識を与える他、金属を黄金に変えたり、ワインを水に、水をワインに変えたりもする。
51. ハルパス(Halpas)は、コウノトリのような姿。人間に武器作りなど戦争に関する知識を与える
52. イマミヤ(Imamiah)、堕天使として旅と航海を司る。
53. イポス (Ipos)地獄の伯爵で、獅子の頭を持ち、36の悪魔の軍団を指揮する悪魔。機知や勇敢さを呼び起こす力を持つ
54. キマリス(Kimaris) 黒い馬に乗っている悪魔。隠された宝物や失われた宝物を探し出し、どんな人でも戦士にすることができ、論理、文法、修辞学(トリビウム)を教えることができる。
55. コカビエル(Kokabiel)、名前の意味は「神の星」で「星の天使」とされる。人間に天文学を教える
56. クノペゴス(Kunopegos)、海の怪物のような外見で、船を沈める能力を持つ堕天使。
57. ラハシュ(Lahash)、神意の邪魔をすることで知られる堕天使。
58. レラージ(Lerajie)堕天使として弓矢のような姿をしている。
59. リヴァイアサン(Leviathan)、ユダヤ神話に登場する怪物のような姿で海に棲息する生物。
60. リックス・テトラックス(Lix Tetrax)風の悪魔。熱と火傷を引き起こしますが、時には涼しい風でリフレッシュさせてくれることも。
61. ルシファー(Lucifer)「光を持つ者」の意。かつては「暁の天使」と呼ばれた上級天使
62.マルパス( Malpas) カラスのような姿の堕天使。
63. マルバス(Marbas)獅子のような姿の堕天使。
64. マステマ(Mastema)「敵意」を意味し、悪を迫害し、人の信仰を試して試練を与える。神のスパイ的な存在ともいわれる。
65. メフィストフェレス(Mephistopheles)、 光を嫌うドイツ伝承の堕天使・悪魔。
66. モラックス(Morax)、牛のような姿。
67. ナーマ(Naamah)、「楽しい」「愉快な」という意味の名前を持つ堕天使。
68. ナベリウス(Naberius)、29の悪魔軍団を指揮するとてつもなく強い悪魔。人文科学、自然科学、修辞学に長けている。失われた威厳や名誉を回復する力を持つ。
69. オリアス(Orias)、蛇の尾を持つ獅子のような姿をしている。占星術に精通しており人間に学習させる
70. オルニアス( Ornias)、堕天使であり、変身能力を持つ厄介な悪魔。
71. オロバス(Orobas)馬に似た姿をしている。過去・現在・未来のあらゆる質問に答え、召喚者に地位を与える。また神学における真理や創世における真実を教えてくれる
72. オセ(Ose)豹のような姿をして現れる。召喚者に教養学を教え、神学や隠された物事を召喚者に正しく教える。反面人間に狂気を与えることも。
73. パイモン(Paimon)王冠をかぶりラクダに乗って現れる。ルシファーに忠実。人に人文学、科学、秘密などあらゆる知識を与える
74. ペネムエル(Penemuel) 文章を書き、その文学作品を通じて全人類を堕落させることを目的としている。
75. フェニックス(Phoenix)不死鳥のような姿。文芸と詩について才能を与える
76. プロセル(Procel) 、人間に数学・科学を教える
77. プラ(Purah)忘却を象徴する堕天使で、死者を呼び出す能力を持つ。
78. プルソン(Purson) 熊の上に獅子の頭を乗せた男のような姿をしている。隠されたものの在り処を知り、財宝を発見する力を持つ。召喚者の質問に真実を答える
79. ケムエル(Qemuel)神によって命を絶たれた堕天使。
80. ラハブ(Rahab)、その名はその名は「騒音」「暴動」「傲慢さ」を意味しており、「混沌」の象徴。
81. ラウム(Raum)、 カラスに似た姿をしている。財宝を盗み出し望みの場所へ移動させることができる。過去・現在・未来の情報を教えたり、敵と和解させたりもできる。
82. レミエル(Remiel)、堕落した監視者、大天使で、名前は「神の雷」を意味する。
83. ロノベ(Ronobe) 堕天使であり、芸術と修辞学を教えることで知られる。
84. ルアクス(Ruax)、堕天使で頭痛を引き起こすことで知られている。
85. サブナック(Sabnack)獅子の頭を持つ兵士のような姿。城壁や軍備を整えてくれる。
86. サレオス(Saleos)ワニに乗った兵士のような姿。立ち振る舞いは優美で男女間に愛情を芽生えさせることができる
87. サマエル (Samael)告発者と破壊者として知られる堕天使。
88.サタン(Satan)、名前は「神の敵」を意味する。ルシファーと同一視される。
89.セアレ(Seere)、翼のある馬に乗った美男子の姿で現れる。召喚者のあらゆる質問に答えてくれ、望みを叶えてくれる。
90. シャムハザ(Semyaza)人間の女性と恋に落ち堕天。最終的に堕天使の指導者になる。
91.シャックス(Shax)、30の悪魔軍団を指揮する地獄の大侯爵。召喚者には忠実で従順。
92. ストラス(Solas)、堕天使でカラスのような姿をしており、天文学や薬草学、宝石に関する知識に優れ、召喚した者にその知識を授ける
93. ソラス(Sorath)、太陽の悪魔。不吉な666の数字を持つ悪魔で、ヨハネ黙示録における二本の角の獣。
94. シトリー(Sytry)、グリフィンの翼を持つ豹頭の男のように見える堕天使。男女の欲望を燃え上がらせる。
95. ウッザ(Uzza)、「強さ」を意味する名。
96. ウァラック(Valac)、2つの竜の頭と翼を持つ小さな少年のような姿をした堕天使。召喚者に財宝のありかを教える
97. ウァレフォル(Valefor)、獅子のような姿をした堕天使で地獄の公爵。人に盗みを働くように誘惑する。
98. ウァプラ(Vapula)、ライオンのような外見をした地獄の公爵。工芸、哲学、科学などを教えることで知られる。
99. ウァサゴ (Vassago)未来と過去を語ることができ、26の悪魔の軍団を指揮する堕天使。女性の愛を扇動する
100. ウェパル (Vepar)嵐を呼ぶ能力を持つ堕天使で地獄の公爵。海軍を強化することができる。
101. ヴィネ(Vine)、魔王、そして黒い馬に乗ったライオンのような堕天使。召喚者が命じれば頑丈な城壁を倒壊させたり、嵐を起こさせたりできる。
102. ウァル(Vual)、ラクダのような外見をした堕天使。女性の愛を扇動する。
103.ワームウッド(Wormwood) ニガヨモギ、地球に災いをもたらすことで知られる堕天使。
104. グザファン(Xaphan) 天に火を放ち、追放された堕天使。
105. ザガン(Zagan)、堕天使で、翼のある牛のような外見をした地獄の王。水をワインに変える能力を持っている。愚者を賢くすることもできる。
106. ゼパル (Zepar)赤い装束と甲冑に身を包んだ兵士のような姿で現れる、女性の男性への気持ちを扇動できる。
※堕天使はほとんどが男性です。しかし、天国から追放された女性の天使も存在します

107. リリス(Lillith)、 イブの前にアダムの最初の妻だったという説がある。
108. マルコシアス(Marchosias)、グリフィンの翼を持つ女狼のような姿の女性の堕天使。取引する召喚者に対しては誠実
109. オビザウス(Obyzouth)、魚や蛇のような属性を持つ女性の悪魔。
110.オノスケリス(Onoskelis)、洞窟に住む女性の堕天使。男性を誘惑し死に至らしめる。

なんと堕天使の110体中34体が人間に知識を授ける者なんです。

堕天使の存在は知ってましたが個別な特徴まで把握してなかったので、この事実を知って驚愕しました。

調べきれなかっただけで、本来すべての堕天使が人間に知識を授けるものだったんじゃいかとすら思えてきます。

神様にとって「知識を得ること」がなによりも「許されないこと」だった時代もあったということですよね。

神が望む正しい人間とは神意に疑問を持つことなく従う者。

中世、キリスト教は知識でもって人々を導き、安全な生活を確保して勢力を伸ばしてきた歴史があります。いうなられば「知識」は唯一無二の専売特許。

そんな「知識」をほかの誰かに奪われることは死活問題。人間にとっても知らない方が幸せだってことは大いにあるとは思います(((uдu*)ゥンゥン

館長
館長

誰にむけての言い訳ですか

▼知識で宗教が人々を導いた時代の話はこちら▼

リアル「ドラクエ」?暗黒と呼ばれたゴシック時代はどんな時代だったのか?

 

個人的には相手を「知る」ことこそが理解に繋がり争いを回避できる唯一の方法だと思っている私としては、これほど恐ろしいことはございません。

インターネットでどんな誰でも簡単にあらゆる知識を得られる現在に神様はそうとう怒っているかもしれませんね(((;꒪ꈊ꒪;))):

本日は以上です。最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

また次の開館日にお会いいたしましょう。

 

鑑賞者のための キリスト教美術事典

何かおすすめの書籍はある?と聞かれたら、必ず紹介する1冊です。 宗教画を読むためにあると便利は一冊です。 表紙だけみると、お堅めの本に見えますが・・・・

イラスト満載。オールカラーでイラスト満載でわかりやすいっっ!! 絵のタイトルや説明書きで、わからない単語が出てきた時に、辞書のように “あいうえお” 順に単語から検索できるようになっています。

たくさんいる聖人の特徴やアトリビュートも網羅されていて、絵画を読む上で、とても実用的に使える事典です。

【オススメ】 聖書に書かれた専門用語を覚えるのが苦手な人 カタカナ名がとにかく苦手という人

これから絵画を勉強したいという人はとりあえず1冊買って損はなしです♪

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教のみならず、グノーシス派など周辺の宗教に敬われている天使たち

 

春燈社『天使と悪魔の絵画史 キリスト教美術の深淵に触れる』

 

 

▼▼Kindle Unlimitedのサービスに入っていれば無料で読める初心者さんにおすすめ本です▼▼

\Kindle Unlimited/
「天使」と「悪魔」がよくわかる本 ミカエル、ルシファーからティアマト、毘沙門天まで (PHP文庫)

私は文庫本版を持っているんですが、深からず浅からずで情報量がちょうどいい♪
天使や悪魔の基本を学びたい人向けの本です。

 
*好きな本が読み放題*

 

コメント

  1. ヨウコの川歩き より:

    いやぁ、天使怖いね。「ソドムなの天使」さすがモロー、震えあがりるね。やっばキリスト教の裁きは半端ないわ。(*´Д`*)

タイトルとURLをコピーしました